其の弐〜銀座考〜

 私共、東哉が銀座に店を構えたのは昭和11年6月です。2.26事件の大変な時代に父である先代の努力が結実したのです。京都でこしらえた品物を東京のお客様にお見せしたいという父の思いがかなったのですが、それにしても何故銀座だったのでしょうか。他の場所とどこが違うのか…それを考える事が今後につながる様な気が致します。

 銀座のそもそもの成り立ちは、徳川幕府が開かれるとすぐ、家康公が貨幣鋳造の銀座を駿府から今の銀座2丁目辺りに移動させた事に始まったと事典にはありますが、街として整備されたのは明治6年から9年にかけて、時の政府の肝いりで京橋・新橋間を西洋風のレンガ街にしたことから出発したようです。従って、まだ百三十数年しか経っていないのですが、その当時銀座に出店されたお店は今は残っていないと聞いております。一軒もないのかどうか定かではありませんが、もしあっても数える程でしょう。私共の出生の京都と比べますと、店の入れ替わりが激しいのが銀座の特徴とも言えます。各地元で人気を博し、商売に成功した店が続々と乗り込んでくるのですが、「店のうしろには人気商品を考え出す感性やこしらえあげる職人と技術、それらを支え続けて下さった多くのお客様等、全てを引っさげて出てくるんや」とよく父は言っていました。私はこの「引っさげて」という言葉使いが好きです。何か、感じがよく出ているんです。

 外から来た新しい、力のある店が街を活性化させ、価値を保ち、あるいは上げてゆく。他から来た違った血を取り入れるのです。さて、こうして様々な店が趣向を凝らして出店してくるのですが、そのままでは全国各地の見本市の様相を呈してきそうに思えます。ところが、それがそうならないのが銀座なのです。銀座の店は個性の強い、他には代えられない凝りに凝った商品を並べ、高付加価値の、その店でしか手に入らないものを商うのです。現実的な話として銀座の土地の価格や賃貸料から判断して、一から投資した場合、どこでも売っているような商品を並べても成り立たないでしょうし、低価格販売も長くは続かないでしょう。利益を度外視しての広告効果やアンテナショップ、あるいはショウルームの要素を加味してようやく肯定できるという位のものです。色々な意味で「でき上がった店」が「でき上がったもの」を持ってくるのですが、そこからもう一歩「銀座らしい店」へ進化してゆくことが必要なのです。

 私共の場合、「粋上品」という感性を大切にものづくりを致しておりますが、これは父が銀座に店を構えてからのことです。京都の雅や上品さに江戸の粋を取り入れて、上品だけど野暮ったくない、粋だけど下品に落ちないという、マァ、良いとこどりをした訳で、銀座に出てきてから変化したのです。「東哉のものは、どこかスッキリしているね」と東京のお客様にも言って頂けるようになりましたが、祖父の頃のものとは、はっきり違います。

 今後、銀座がどうなってゆくのかはよく分かりませんが、少なくとも個々の店の問題と、街全体としての問題に分けて考えた方がよいようです。街としての話は、各種の開発計画、交通アクセスの問題、また、色々な仕掛け作りや催しを行って情報発信に努める等々、行政絡みの大きな事になるので、それはそれとして、ここでは私共の店に限って考えてみたいと思います。

 その店独特の、他にはないものをお客様にお見せしたい…と前に述べましたが、勢いオリジナル商品の製造ということにつながります。即ち、製造直売です。メーカー的要素を多く持った小売り、あるいは小売りもこなせるメーカーと言っても良いかもしれません。業種によっては、ロットの問題でこれは無理という事もあるでしょうが、幸い、京都のやきものは昔から多品種少量製産ですから、小回りがきき少量であっても新しいものが作れます。絵付けも含め、一日に何個できるかとか、本金一袋で何個描けるかとか、とにかく、他のどこで作ってもこれだけは必ずかかるという正味の原価が分かります。その原価を基に商品としての適正な売価を決めるので、価格には自信を持っています。百円ショップが流行っている現状で一個一万円の飯茶碗をどう考えるか。一個一万円でも安いと思える商品があり、反面、一個百円でも高い、値打ちがないと思える商品があるという価値観や鑑識眼・審美眼を持って事に当たりたいと思っています。仕事の水準を守り、より良いものをより適正な価格でご覧に入れたいのです。基本はあくまでも、真面目で正直な商売だと思っています。

 東哉でも最近は遅まきながらネット販売も始まり、まだまだヨチヨチ歩きですが、これからは世界が相手だと夢も膨らみます。世界各地で日本食ブームということもあり、和食器も日本人だけのものではなくなりつつあるようです。観光客の多い京都売舗では毎日英語を使い、その日の売上げは全て外国の方だったという日も珍しくありません。自国の文化を大切にしつつ、他国の文化を認めてこそ真に国際的と言えるのです。日本の銀座から世界の銀座へはばたきたいものです。
                      〜冊子 銀座15番街 No.170より〜


其の壱〜遊印にみる心意気〜

 品物を木箱に入れて仕立てる場合、箱書きをして東哉印を押します。この印は落款印(らっかんいん)といって、押す人の名前や雅号である事が大抵です。この他に別の印が押してある場合があり、これを遊印(ゆういん)といい、引首印や押脚印ともいうそうです。これは風流な詩句の一節や古語・格言等を印にしたもので、自分の心情や生き方を表したものが多いようです。
 義理の祖父にあたる初代陶哉は、気に入った品物に「陶器渡世」と押しています。”渡世”という言葉に少し身を引いてしまいがちですが、自分はこれで世の中を渡るのだという意気込みが伝わってきます。

 父は「此岸翁半(しがんおうはん)」。あちらの岸である彼岸(ひがん)ではなく、今、生きているこの世である此岸(しがん)で、自分はまだ半分しか生きていない、まだまだこれから…という意を込めています。二人それぞれ、生き方に対する心構えが違います。

 翻って私自身を考えてみると…華甲を向えたというのに、ただ気ぜわしく動き回っているだけ。これからはもう少し自分を見つめ直して何かカッコイイ遊印をつくらなくては…まだ遅くはないでしょう。何せ、「此岸翁半」の伜ですから。

【店主プロフィール】
山田悦央
やまだよしお

写真:2011年十徳を拝受
・1948年(S23)
 山田東哉の長男として京都に生まれる
・1966年(S41)
 同志社高校卒業、武蔵野美術大学工芸工業デザイン科入学
・1970年(S45)
 武蔵野美術大学インダストリアルデザイン科卒業、デンマーク国立美術大学(クンスト・ハンド・ヴェアク・スコーレン)陶芸科に留学
・1971年(S46)
 当大学の教授で、有名な陶芸家であったフィン・リュンゴード氏に誘われて、製作助手となり、スウェーデン、その他での彼の個展を手伝う。又、世界各国の美術系学生を対象としたデンマーク・サマー・デザイン・スクールでフィン教授について、陶芸科の講師を務める。 同年末、帰国
・1972年(S47)
 (株)巧芸陶舗 東哉に入り父の手伝いを始める
・2001年(H13)
 当主となる
 茶の湯の稽古は祖父以来関係の深かった武者小路千家と定め、先代有隣斎宗匠の下に入門させて頂き、直門官和会会員として現在に至る。2011年に乱飾り相伝を許され、十徳を拝受。
▶English ▶French
おすすめ
  • 酒杯 青竹 大形
  • 湯呑 染付花鳥 腰鉄砂 大小一組
  • 湯呑 染朱 棒縞 大小(染朱)一組
  • 香合 戊戌 富貴寿々
  • 置物 梅花 紫
  • 箸置 仁清 三階松
  • 注瓶 黄交趾 菊
  • 飯茶碗 石彩 橘 大小一組
  • 人気
  • 土鈴 戊戌 富貴寿々 ※お届けは1/5頃より順次発送予定
  • 箸置 仁清 金銀 扇面
  • 大湯呑 朱彩 腰染菊透かし
  • 小向附 南蛮 瓢
  • そば猪口 染 あみめ
  • 皿 乾山 白浮上 桜 リンカ 4寸
  • 五色飾台紙
  • 箸置 仁清 捻梅 朱金紅白
  • ショッピングカートを見る
    汲出背が低く縁が開いている形状はお茶の香りがよく立ち、主に客人をもてなす時に使われます。 箸置デザインも四季折々。 向附自分に出された折敷の飯碗汁碗の向こう側に置くところからこの名がある。主にお造り又は酢の物などに用います。 鉢深さのあるうつわ。汁物はもちろん、煮物やお菓子などを入れるのに便利。 皿大皿・中皿・小皿・豆皿など大きさも様々。 湯呑お茶が冷めにくいよう、筒形の背の高いうつわ。 急須注ぎ口と取っ手をつけたもの。取っ手のないものは宝瓶(ほうひん)、鉉(つる)のかかったものは土瓶(どびん)と呼びます。 茶碗蓋のないものを茶漬碗、蓋のあるものを飯茶碗と呼びます。 小器珍味やお醤油やソースなどを入れるのに便利。 酒器徳利や酒杯にビールを呑む様の麦酒杯などがあります。 茶道具香合やお菓子を入れる喰籠(じきろう)や替茶器(かえちゃき)などがあります。 書道具筆架、墨床などがあります。 花入洋風のお部屋にも合う花入れもあります。 洋食器どこにもないようなモダンで粋なデザインの洋食器。バター入れなどもあります。 注瓶・お醤油さしお醤油は勿論、書道の水入れや一輪ざしにも。 その他蓋物、香炉、楊枝入れ、調味器など。 置物・飾り物お雛さまや鈴など床の間のお飾りもの。 香合・土鈴毎年デザインが変わる人気の香合・土鈴。 熨斗について熨斗の意味・表書きなどについて。
    引出物引出物、内祝、贈り物に。。。 お誕生日花湯呑世界にひとつだけのお湯呑。 ブログ 東哉銀座、京都より、うつわの話・京都の話・思うことなどなど気楽に勝手にぼちぼちと…書いています。 店主贅言店主の「贅言」すなわち、「むだごと」です。気楽に書いてます。 絵場京都の絵場をご紹介。 取っ手付替痛んだり、ほどけた茶瓶の取っ手を手作業で綺麗に取り替える東哉オリジナルサービス。 ディプロマ

    メールマガジン