小津安二郎

◆小津安二郎監督と東哉◆
 小津安二郎監督は黒澤明監督と並び世界的に評価される日本映画の巨匠として知られています。
 小津監督の映画はドラマチックなストーリー展開があるわけでもなく、一見淡々とした日常が描かれているにすぎないのに、そこから日本人の生活と人生の滋味が滲み出てきて、みるものを懐かしい気持ちにさせます。どの作品もカットのひとつひとつが美しく、何度でもみたくなる中毒性があると言われています。
 小津監督の映画の美しさを支えた小津組のなかで「巧芸考選」というスタッフが、東哉の先代当主 山田隼生であり、山田は小津監督の要望に応え、大道具でもなく小道具でもなく、芸術、工芸など日本文化のアドバイスに務めました。お茶に関する事や床の間の花器など、小津監督独自のカメラアングルの低さからみたテーブル上の器の置き方なども示唆しました。何物でも本物にこだわる小津監督は、ちょっと端しか映らないものでも偽物を嫌い、常に本物を用意させたそうです。
 小津監督の初めてのオールカラー作品である「彼岸花」をはじめ、4〜5作品のお手伝いをさせて頂きましたが、そこに東哉の器が使われたのは言うまでもありません。現在も実際に映画に使われたものと同じ花器や湯呑等を造り続けています。
 また、東京銀座の東哉本店は、小津監督がスタッフとよく銀座を遊興した時の集合場所で、店の奥の座敷でテレビを見たりして皆が集まるのを待って、それから呑みに出かけられたそうです。現在は東哉ビルとなって当時の面影はありませんが、東哉の造る品物のなかには小津監督に求められた一流の感性が今も生き続けています。
 京都売舗では、映画に使われていた竹製の電気傘や釣り灯籠など、山田が選んで用意した物が残り今も使われています。
小津安二郎小津安二郎
小津安二郎小津安二郎
▶English ▶French
おすすめ
  • 湯呑 染付花鳥 腰鉄砂 大小一組
  • 小向附 仁清 月に萩 高台
  • 土鈴 戊戌 富貴寿々
  • 吸皿 染 月兎
  • 箸置 仁清 紅葉 金箔
  • 調味器 黄交趾 菊 竹さじ付
  • 注瓶 黄交趾 菊
  • 飯茶碗 石彩 橘 大小一組
  • 人気
  • 大湯呑 朱彩 腰染菊透かし
  • 箸置 仁清 青楓
  • 小器 伊羅保 瓢
  • 箸置 仁清 金銀 扇面
  • 箸置 仁清 菊 丸形
  • 皿 染付 三茄子 四方
  • 調味器 染付 あみめ 竹さじ付
  • 小向附 南蛮 瓢
  • ショッピングカートを見る
    汲出背が低く縁が開いている形状はお茶の香りがよく立ち、主に客人をもてなす時に使われます。 箸置デザインも四季折々。 向附自分に出された折敷の飯碗汁碗の向こう側に置くところからこの名がある。主にお造り又は酢の物などに用います。 鉢深さのあるうつわ。汁物はもちろん、煮物やお菓子などを入れるのに便利。 皿大皿・中皿・小皿・豆皿など大きさも様々。 湯呑お茶が冷めにくいよう、筒形の背の高いうつわ。 急須注ぎ口と取っ手をつけたもの。取っ手のないものは宝瓶(ほうひん)、鉉(つる)のかかったものは土瓶(どびん)と呼びます。 茶碗蓋のないものを茶漬碗、蓋のあるものを飯茶碗と呼びます。 小器珍味やお醤油やソースなどを入れるのに便利。 酒器徳利や酒杯にビールを呑む様の麦酒杯などがあります。 茶道具香合やお菓子を入れる喰籠(じきろう)や替茶器(かえちゃき)などがあります。 書道具筆架、墨床などがあります。 花入洋風のお部屋にも合う花入れもあります。 洋食器どこにもないようなモダンで粋なデザインの洋食器。バター入れなどもあります。 注瓶・お醤油さしお醤油は勿論、書道の水入れや一輪ざしにも。 その他蓋物、香炉、楊枝入れ、調味器など。 置物・飾り物お雛さまや鈴など床の間のお飾りもの。 香合・土鈴毎年デザインが変わる人気の香合・土鈴。 熨斗について熨斗の意味・表書きなどについて。
    引出物引出物、内祝、贈り物に。。。 お誕生日花湯呑世界にひとつだけのお湯呑。 ブログ 東哉銀座、京都より、うつわの話・京都の話・思うことなどなど気楽に勝手にぼちぼちと…書いています。 店主贅言店主の「贅言」すなわち、「むだごと」です。気楽に書いてます。 絵場京都の絵場をご紹介。 取っ手付替痛んだり、ほどけた茶瓶の取っ手を手作業で綺麗に取り替える東哉オリジナルサービス。 ディプロマ

    メールマガジン